So-net無料ブログ作成
検索選択

口コミ 投資競馬運用バイブル“普遍の原理”から生まれた投資競馬の“不変の法則” [競馬・競艇]

f:id:yamazakura77777:20170228091734j:plain

投資競馬運用バイブル“普遍の原理”から生まれた投資競馬の“不変の法則”

 

 

今も昔も巷では、マーチンゲールとかココモとかモンテカルロとか馬法の方程式とかメビウスの方程式とか・・・。

 

こういった、負けた時に賭け金を増やしていく馬券の買い方、いわゆる追い上げが投資競馬だと言われています。

 

菅田英治は、「負けた時に賭け金を増やしていく買い方は投資じゃない!」と、これまでに何度も警告してきました。

 

あなたが今までに追い上げをした事があるのなら必ず経験していると思いますが、

 

こういう負けた時に賭け金を増やしていく馬券の買い方(通称:追い上げ)は、コツコツ積み上げてきたほんの少しの儲けが、1回のパンクで一気に全部ぶっ飛びます。

 

 初回の賭け金は、たった100円だったにも関わらず、最終的に失うお金は、数万円、数十万円といった大きな金額になります。

 

今までコツコツと貯めてきたお金が、一瞬でパァーになります。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

投資競馬運用バイブル“普遍の原理”から生まれた投資競馬の“不変の法則”

 

 

それでも今なお、“競馬の投資法”って名前が付いた本(情報商材なども含む)が販売されると、その中身は必ずと言っていいほど追い上げです。

 

 世の中に出てくる競馬の投資法は、ほぼ全てが追い上げです。

 

 「これぞ投資競馬だ!」なぁ~んてタワゴトを言いながら、中身を見たら結局は追い上げです。

 

 本や情報商材にせずに、一人でヒッソリやってれば特に害は無いんです。その人が一人でお金を失うだけですから。

 

 しかし、これまで「追い上げこそが究極の投資競馬だ!」

 

って叫んできた人たちは、それを本や情報商材などにして販売しているんです。

 

何冊も何冊も、名を変え品を変えタイトルを変え、売ってきているんです。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

投資競馬運用バイブル“普遍の原理”から生まれた投資競馬の“不変の法則”

 

 

そもそも、なぜ負けた時に賭け金を増やしていく買い方が、投資競馬と言われてきたのでしょうか?

 

 2つの理由があると考えています。

 

 1つ目は、追い上げというのは、机上論では決して負けないからです。ここで大事なのは、あくまでも机上論だという事です。

 

 資金が無限にあって、その無限の資金を投じてもオッズが変化しなければ可能ですが、残念ながら競馬は投入資金によってオッズが変化します。

 

 何十連敗しても大丈夫な資金があったとしても、その資金を投入することで、買った馬券のオッズが下がります。

 

自分で馬券を買ったために、オッズを下げてしまうんです。

 

 そして、結局は思惑通りの回収ができなくなります。

 

自分で自分の首を絞めるってことは、まさにこういうことです。

 

 でもその前に、そもそもそんな莫大な資金は持っていません。

 

そもそも僕らの資金は有限なんです。

 

 PATに入っているお金は、3万円とか10万円とか、所詮そんなもんです。

 

 ですので、机上論だろうが現実論だろうが、どっちにしろ、追い上げをするのは最初から無理なんです。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

投資競馬運用バイブル“普遍の原理”から生まれた投資競馬の“不変の法則”

 

 

でも、もし追い上げではなく、賭け金を自動的に決めてくれる投資法があるとしたら、そのシステムを知りたくないですか?

 

 実は、あるんです。

 

その投資法は、追い上げとは正反対の方法です。全てが真逆の方法です。

 

そして、その投資法は、万人が実践できるようにきちんと体系立てられていて、誰もが実践できる一定のルールがあり、

 

数限りなくある予想法の分析や、シミュレーションにも使える収支表までもを完備しています。

 

この投資法があれば、予想法によっては、PAT口座にたった500円入っていれば投資競馬を実践することが可能です。

 

そして、そのたった500円を基に莫大な利益を挙げることも可能です。

 

また、ほぼ全ての予想法に適応しますので、今、あなたが使っている予想法で今日から投資競馬を実践することが可能です。

 

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

投資競馬運用バイブル“普遍の原理”から生まれた投資競馬の“不変の法則”